【危険。光(ライト)厳禁!】おとなしい夜の蜂も光には敏感です!夜行性の蜂もいます!

蜂の駆除は基本、夜に行います。蜂は、昼間に働き、日が暮れると巣に戻るため、夜に作業をすることで、巣の蜂のほとんどを駆除することができます。

逆に、昼間の駆除は、外に働きに出ている蜂が、帰ってきてしまい、危険もあるため、お勧めしません。

また、夜の作業でも、注意点があります。

  1. 夜行性の蜂もいる!
  2. 光を当ててしまうと、蜂は光に向かって飛んでいき、攻撃します!

蜂は、暗くて寒い夜は苦手です!

蜂は、基本、昼に働きます。夜になると、巣に戻り、見張り役以外は、巣で休んでいます。

これには、蜂の習性が関係しており、「暗いところでは、目が見えない」、「寒さに弱い」という2点です。

蜂は、モノクロの世界が見えているといわれています。そのため、暗くなると何も見えなくなり、仕事が出来ないため巣に帰ります。また、寒さに弱い蜂は、日が暮れ冷えた夕方以降は外に出たがりません。

夜行性の蜂【モンスズメバチ】

夜行性の蜂もいます!それは、モンスズメバチです。

モンスズメバチは2~3㎝ほどの蜂で、攻撃性も高く、毒針も持っています。他のスズメバチに比べると毒性は低いですが、十分危険な蜂です。主に、セミを捕食するため、セミの多い夏場は比較的よく見る蜂となります。また、モンスズメバチは、狭く、閉鎖的な場所に巣を作るため、巣が大きくなってしまってから気づくことが多いです。そうなると、蜂数も多いため危険性は増します!

そして、最大の特徴である「夜でも活動する」とういう習性です。モンスズメバチは、日没後、数時間は活動することができます。夜にスズメバチが飛んでいるのを発見したら、モンスズメバチの巣が近くにあるかもしれません。

【蜂駆除業者が解説!】福岡・糸島の蜂の種類別、危険度ランキング

【福岡・糸島】蜂の巣・大きさで蜂の種類の見分けが出来る!

【福岡・糸島】蜂の毒・毒針、種類による危険度

【光に反応します】おとなしい夜の蜂でも刺激厳禁!

夜になると、蜂もおとなしくなります。

「おとないしい夜の間に、ライトを持ってハチの巣でもみてくるか~」

、、、これ、危険です!

おとなしい夜の蜂でも、刺激されれば興奮状態となり、見張り蜂を筆頭に攻撃してきます!特に、暗いところに、ライトで巣を照らそうものなら、蜂は驚いてライトにむかって飛んできます。巣に光を当てるのは避けてください!

まとめ

駆除依頼をいただき、夜に作業をするとお伝えすると、巣の状況を確認してくださろうとするお客様もいらっしゃいます。

現場に向かう前に状況が知れることは大変ありがたいことですが、第一に、お客様の安全のために駆除を行います。駆除のために刺されてしまっては、元も子もありません。

巣を見つけたら、駆除業者が、安全な装備で向かい、その場で迅速な対応をします。

くれぐれも、巣に近づかないようにお願いします!

福岡・糸島【ハチ駆除業者が徹底解説!】蜂被害と巣の駆除の危険性、家庭で出来る撃退と対策!

 

関連記事

  1. 福岡・糸島【ハチ駆除業者が徹底解説!】蜂被害と巣の駆除の危険…

  2. 「刺す蜂」と「刺さない蜂」【見分け方・種類】 オス蜂は針がな…

  3. 【ハチ目】アリとハチは仲間!ハチとアブは別種!

  4. 【蜂駆除業者が解説!】福岡・糸島の蜂の種類別、危険度ランキン…

  5. 【福岡・糸島】蜂の活動時期・季節は春、夏、秋(4月~11月)…

  6. 【蜂の天敵】ハチも無敵ではない!寄生虫、鳥、クモ。トンボに負…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP