【スズメバチ・アシナガバチ】蜂の攻撃。刺す!噛む!毒液の噴射!

蜂に刺された際、「に噛まれた」って言う方もいらっしゃいますよね?

ほとんどが、刺されることを言いますが、蜂ってホントに噛みます!

特にスズメバチは、あごの力が強く、一度噛まれると、なかなか離れません。

そして、巨大な毒針で、何度も刺されてしまうのです!

蜂の手段は3つ!

蜂の攻撃手段は、毒針だけではありません!

「刺す!」「噛む!」「毒液の噴射!」

と3通りあります!

1.『刺す!』 痛み、腫れ、痒みを引きおこし、命の危険性もあります。

皆さんご存じであろう、蜂の刺す攻撃。刺されてしまうと、毒液によって、体質によってはアレルギー反応を起こし最悪の場合、死に至ります。

痛みも強く、痒み、腫れも伴います。

刺された際は、早急に対処を取りましょう!また、刺された患部以外に症状が出た際は、すぐに病院へ向かうことをおすすめします。アナフィラキシーショックの可能性があります。

スズメバチに刺された!【家でできる応急処置】痛みがあるならとりあえず病院へ!放置は危険。

【蜂刺されに効く】【市販薬】局部症状は抗ヒスタミン・ステロイド。全身症状はエピペン!

2.『噛む!』 強力なあごを持ち、木もかみ砕きます。

蜂は、種によっては、かなり強力なあごをもっています。現に蜂は、対昆虫では、噛み殺すことが多いです。

人にも、刺す前に、強力なあごでガッチリとつかまり、毒針で、何度も刺します!一度でも、かなりの激痛である毒針を何度も刺されると思うと、とても怖いです。。

3.『毒液の噴射!』 毒の成分で、失明の恐れもあります。

蜂の毒針ですが、基本、刺すことで、相手の体内に毒を注入します。しかし、飛びながら、毒液噴射し、敵にかける攻撃をすることがあります。

この毒液が、肌に直接触れると、肌荒れや、かぶれを引き起こします。また、目にはいってしまうと最悪、失明するほど危険です。

まとめ

蜂の攻撃手段は針だけでありません!

危険な蜂。巣を見つけた際は、ご自身では駆除しようとしないでください!適切な道具と知識がなければ、自身はもちろん、近隣の方にも危険が及びます。

福岡・糸島【ハチ駆除業者が徹底解説!】蜂被害と巣の駆除の危険性、家庭で出来る撃退と対策!

 

関連記事

  1. 【蜂刺されに効く】【市販薬】局部症状は抗ヒスタミン・ステロイ…

  2. 【アウトドア】【蜂刺され】毒抜きにポイズンリムーバー。口で吸…

  3. 【蜂の天敵】ハチも無敵ではない!寄生虫、鳥、クモ。トンボに負…

  4. 【ハチの糞害】洗濯物や車の黄色いシミ・汚れは蜂のフン!

  5. 【危険。光(ライト)厳禁!】おとなしい夜の蜂も光には敏感です…

  6. 【福岡・糸島】蜂の活動時期・季節は春、夏、秋(4月~11月)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP