【うろうろ蜂】【カチカチ音・羽音・ホバリング】ハチの警戒・威嚇行動。攻撃前のサイン!

蜂は、毒針を持ち、獰猛で危険です。しかし、蜂も人を見た瞬間に刺してくるわけではありません。

蜂は、攻撃対象となる者を見つけると、威嚇行動をとります。

あごをカチカチと鳴らして警告音を鳴らしたり、標的の周りをホバリングしたりと、方法は様々です。

この威嚇行動を無視すると、蜂も容赦はしません。強力な毒針で攻撃してきます!

周囲を飛び回るのは警戒のサイン!

蜂は、攻撃対象となり得る生き物を見つけた際、周囲を飛び回り、警戒に入ります。

この時、やってしまいがちなのが、「手で振り払う」「大きな声を出す」などの行動です。

確かに、蜂が耳元を通ったりすると、かなり怖く、上のような行動をとってしまうかもしれません。しかし、この行動が蜂を刺激し、蜂は、警戒行動から威嚇行動へと移ります!

蜂が身の回りをうろうろした際は、頭を低くし、ゆっくりと移動しましょう。

カチカチ音・大きな羽音・ホバリング中は威嚇中!危険です!

警戒行動をとった蜂が、攻撃対象だと確信した際、蜂は、次に威嚇行動をとります。

「大きな顎をカチカチと鳴らし音を出す」「羽を震わせ大きな羽音を立てる」「目の前をホバリングしている」このような行動が見られた際は、すでにかなり危険です。蜂は興奮状態で、それ以上少しでも近づくと攻撃されます。

また、この時、蜂は特殊なフェロモンを発し、仲間を呼び、危険度はどんどん増していき、数十メートルは追いかけてくる可能性もあるので、すぐに逃げましょう!

刺されてしまった際の対処。

万が一、蜂に刺されてしまった際は、出来るだけ、その場から離れましょう!

ミツバチ以外の刺すハチは、強力な毒針で何度も刺すことができます。一度針を刺すと死んでしまうというのは、ミツバチだけです!

次に、患部に針が残っている際は、針を抜き、綺麗な水で洗います。蜂毒は、水に溶ける性質であるため、毒の周りを緩和することができます。

ポイズンリムーバーがあれば、毒を吸い出すことができるので、応急処置としては、かなり効果があります。

もしも、患部以外に症状がみられた際(目まい・吐き気)は、アナフィラキシーショックの可能性があります!すぐに病院へ向かいましょう!

巣の近く、餌場の近くは蜂も興奮しやすい!

蜂は、巣への攻撃が一番怒ります。蜂の巣は、女王蜂を中心に、徹底した集団行動が行われています。中心である女王が危険にさらされると、働きバチは、自らの命など顧みず、巣を守ろうと、攻撃に入ります。かなり危険ですので、巣を刺激するようなことは絶対にしないでください!

また、ハチの巣は、土の中にある場合もあり、草刈りなど、庭の手入れの最中に、知らぬ間に巣を刺激してしまっているケースもあります。蜂がたくさん飛んでいる際は、巣があると思い、蜂駆除業者へご相談下さい!

まとめ

うろうろ蜂に、近くを飛ばれたとしても、手で払ったり、大きな声をだしてはいけません!その行動はかえって、蜂を刺激し、蜂を興奮させてしまいます!

蜂も、出会ってすぐには刺さないため、蜂の警戒行動・威嚇行動を知り、蜂の毒針から逃れましょう!

関連記事

  1. 【ミツを貯める蜂】蜂蜜はミツバチの特権!スズメバチは蜜を貯め…

  2. 福岡・糸島【ハチ駆除業者が徹底解説!】蜂被害と巣の駆除の危険…

  3. 【福岡・糸島】蜂の活動時期・季節は春、夏、秋(4月~11月)…

  4. 【危険。光(ライト)厳禁!】おとなしい夜の蜂も光には敏感です…

  5. 【蜂の生態】ハチの行動範囲は半径2km!活動時間や季節も要チ…

  6. 【スズメバチ・アシナガバチ】蜂の攻撃。刺す!噛む!毒液の噴射…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP